夜職から昼職へ転職する際の限界年齢はいくつまで?

夜職から昼職への転職を考えている人の中には、自分の年齢が気になって、転職になかなか踏み切れない…という人も多いのではないでしょうか。

実際、夜職を辞める理由として、お店の中でも年齢が上になってきて、そろそろ居場所がなくなってきた…という人も多いでしょう。

そこでこの記事では、夜職から昼職へ転職する人の限界年齢について紹介します。実は、世間で言われているよりも、今は売り手市場なのです。

30歳?35歳?転職限界年齢には諸説ある

30歳?35歳?転職限界年齢には諸説ある

転職限界年齢が実際は何歳を指すのか、明確な定義は厚生労働省にも金融庁にもどの公的機関も発表していません。

しかし、実際に転職活動をした人や、採用担当者の目線から、中途採用で許容できる年齢はこれくらいという年齢が、結果的に転職限界年齢と言われているのは事実です。

ここでは、具体的に何歳が限界なのか、そもそも限界はあるのかについて解説します。

企業が若い人材を欲しがっているのは事実

今、転職市場で最も企業から需要があるのは、第二新卒と呼ばれる年代です。

第二新卒は、新卒からおおよそ1~3年の社会人経験を積んだ20代前半の世代を指します。企業が第二新卒世代を欲しがるのには理由があります。

1つは、基本的なビジネスマナーを身に着けていて、即採用してもすぐに使いやすいことです。

2つめは、若い世代を入れることで、新しいアイディアが出やすくなり、会社全体の雰囲気も変わってくるからです。

このように、企業が若い世代を欲しがっているのは事実なのですが、20代後半や、30代から転職が厳しくなるかといえば、そういうわけでもありません。

業界によっては、年齢がもっと上の世代でも、夜職からの転職でも、積極的に受け入れているところもあります。

20代なら未経験業種・職種への転職も容易

もしもあなたがまだ20代の場合、サービス業や接客業と呼ばれる夜職とはまったく違う業界に転職できる可能性は十分にあります。

一般的な転職サイトでも、現在の仕事の区分を入力すると、自動的に似たような仕事(サービス、接客)を紹介されますが、まったくの未経験でもOKの分野は意外とたくさんあるのです。

たとえばエンジニア系の仕事は、少し難しそうに思われますが、年収も高く、労働環境も整備されてきており、狙い目の異業種転職先です。

2020年から日本でもいよいよ5Gがスタートし、ますますIT業界は活気づいていくでしょう。それなのに、エンジニアは圧倒的な人手不足であり、20代なら元夜職でもまったく問題なく採用される可能性が高いのです。

IT以外にも、一般企業の事務職なども20代なら未経験採用を積極的に展開しています。29歳の人も、あきらめずに年収の高い業界を狙って異業種転職するチャンスです。

転職限界年齢は35歳以上!2019年現在も上昇中

転職サイトや、ハローワークのインターネットサイトにアップされている求人票を見てみると、「キャリア育成のため…」などの理由をつけて、応募できる人の年齢を限定しているものも珍しくありません。

その年齢を見てみると、「28歳」「30歳」「35歳」などが一般的でしょう。このような求人票の年齢制限を見た人が、転職限界年齢だと思ってしまうのも仕方ありません。

しかし、2019年11月現在、日本経済は好景気と言える状況であり、これにともなって転職市場もかなり活気づいています。つまり、転職希望者は売り手市場なのです。

企業は人がほしいのに、なかなかほしい人材が来ない…という理由から、年齢制限をはずしている企業が増えています。

その結果、転職限界年齢は30歳・35歳を超えて、それ以上の人も企業が求める人材像にマッチしていれば、転職できるようになっているのです。

転職サイトなどの求人票でも、「38歳まで」「40歳まで」という年齢制限も見られるようになってきました。

不景気の日本では、企業も新たに人を雇いたいとは思わないため、なかなか30代で転職するのは難しいのですが、好景気の今は、30歳以上の夜職の人も転職を成功させられるチャンスだと言えるでしょう。

夜職から昼職へ転職する際の限界年齢は、業界・企業による

夜職から昼職へ転職する際の限界年齢は、業界・企業による

転職限界年齢が上昇し続けていると解説したばかりですが、もちろんすべての業界で積極的に30代以上を採用しているわけではありません。

ここでは、転職限界年齢の高い仕事と、低い仕事について紹介します。

転職限界年齢が高い業界・仕事

夜職から昼職に転職する際、あまり年齢を制限されないのは、やはり同業種である接客業・サービス業・販売業です。

理由は、現場のスタッフの人手不足によるものと、夜職からの経験やスキルを活かしやすい仕事だからだと考えられます。

たとえば化粧品やアパレルの販売でも、購買客の年齢層に応じたブランドに応募することで、30代以降でも採用されやすくなります。

また、福祉業界も転職の際に年齢制限を設けない場合が非常に多くなっています。たとえば高齢者福祉施設での介護職や、障害児の放課後デイサービスでの支援員などは、年齢制限を設けていない求人が圧倒的に多いものです。

ただし、介護職や支援員には、要件を満たす資格が必要となりますので、事前に講習会を受けたり、指定の専門学校等を卒業しておく必要があります。

転職限界年齢が低い業界・仕事

夜職から昼職に転職する際、20代前半のように若くないと応募できない、あるいは採用されにくい業界・仕事もあります。それは、金融(銀行)や、インフラ(電気、水道)系の業界です。

東洋経済の調べによると、新卒でないと入りにくい会社としてランクインしている企業の中で、圧倒的にメガバンクや地方銀行が多いのがわかります。
(参考:https://toyokeizai.net/articles/-/155132?page=3)

夜職から銀行員になりたい!と強い思いがある人は、正社員でなく、窓口業務やバックヤード業務であれば、アルバイトやパートから仕事に就くことはできるでしょう。

しかし、夜職を辞めてどうしても銀行で働きたいと思う人はそれほど多いものでしょうか?

どうしても銀行がいいというこだわりがなければ、今の時代はあまり年齢に関係なく、転職のチャンスは数多く転がっていると言えるでしょう。

まとめ:転職限界年齢なんてあってないようなもの!好景気の今だからこそ、やりたい仕事にチャレンジしてみよう

まとめ:転職限界年齢なんてあってないようなもの!好景気の今だからこそ、やりたい仕事にチャレンジしてみよう

今の日本は完全に少子高齢化社会になってしまった影響から、労働人口が減少しています。

つまり、存分に働ける年齢の人が減っているのです。それでも日本が好景気と言える状況のため、企業としては、労働力が喉から手が出るほど欲しいという状態になっています。

そのため、転職限界年齢という概念はあってないようなものになりつつあります。

前述した一部の業界を除いて、夜職からでもきちんと準備して臨めば、20代後半でも、30代でも、場合によっては40代でも転職できるのです。

不景気になると、転職市場も一気に影をおとし、採用ムードはなくなってしまうでしょう。そうなる前に、自分が昼職でやってみたかった仕事に果敢にチャレンジすべき時代だと考えられます。

年齢で悩んでいるのであれば、まずはやってみたい仕事を見つけて、1社でもいいから応募してみましょう。意外と低い昼職転職へのハードルに気が付けるかもしれません。